競走馬の名前はどうやって決まるの?9文字以内?

競走馬の命名方法を知る

競馬の競走馬が生まれてしばらくは、正式な名前がつきません。
というのは、名前は馬主がつけるものなので、馬主に買われるまでは、母親の名前のあとに誕生年という仮の名で呼ばれることになるからです。
馬主に購入されると競走馬としての正式な名がつけられますが、いくつかルールがあり、そのルールに従って命名されることになります。
まず、名はカタカナで9文字、アルファベットに直した場合に18文字までと決まっています。
外国の競走馬が参加するレースでは9文字以上の馬が出てくることがありますが、それらはすべて外国馬であり、日本馬は必ず9文字で収められています。
次に、現役の競走馬の名前とかぶってはいけません。
ただ、既に現役を引退している馬の名であればつけていいことになっています。
しかし、現役を引退していても、G1レースなどで勝っている著名な馬と一緒の名はつけられませんし、一文字だけ違っていて、あとは全部同じというまぎらわしい名も却下される可能性が高いです。
また、ブランド名や商品名をそのままつけるというのも認められていません。
漫画のキャラクターの名をそのままつけるというのも無理ですが、冠名のあとに続けた場合は認められることがあります。
では、馬主はそういったルールの下でどのように名を決めているのかというと、まず、競走馬をたくさん所有している馬主の場合は冠名を決めていて、その下や上に単語をつけるという名付けをすることが多いです。
冠名というのは、自分の名前や会社の名前をもじったものです。
所有馬すべてに冠名をつけるようにすれば、名をすべて考える手間が省けますし、また、対外的にこれは自分の所有馬であるということをアピールすることができます。
馬の父親と母親の名前をくっつけるという名付けもよく使われる方法です。
競馬のファンの中には、父親、あるいは母親が自分の好きな馬だからという理由で応援する馬を決めるという人も少なくなく、ファンの多い馬を父や母に持つ競走馬であれば、合成した名前の方がそういったファンにアピールすることが出来ます。
勿論、所有する馬ごとに、オリジナリティのある名をつける馬主もいます。
こういった馬主には、フランス語やイタリア語などから、いい意味の単語を見つけるという方法を取る人もいますし、日本語の文章になっているようなユニークの名をつける人もいます。
強そうな馬を購入できたら、この名をつけようとずっと温め続けて、満を持して命名するケースもあります。

そんな競走馬たちが短距離でしのぎを削るG1、高松宮記念の予想が公開されています。
1200m、6ハロンの電撃戦。
その一瞬の中に、一流の駆け引きと力を観る。
好きな名前の競走馬を見つけて、応援するのもまた一驚ですよ。

© 2015 トップページのタイトル